つばらつばら~心ゆくままに~ 

amethyst63.exblog.jp

つばらつばら(心ゆくままに、あれこれ)書いています

お話し合いの結果・・・

ドアミラーこいこい事故の決着が、実はまだついておりませんでした。
3月16日から、1ヵ月半。放置しておくのも先方に迷惑だろうと、今日、話し合いをしました。
不思議なことに話し合いに来たのは「修理費払いますよ」といった建設会社の人ではなく、誘導した警備会社の人でした。もちろん警備員ではなくA部長さんです。
A部長がやってきた話の趣旨は以下の通りです。
「こういう事故が起こったときは警備員にすぐに連絡するようにいってあリます。しかし今回建築会社のBさんがお支払いをするということで、警備員から連絡もなく、事故が起こって4日位してからいきなりBさんから払えといわれました。うちも保険に入っていますので、その場で警察を呼んで事故処理していただければ、全額保険で払えたのですが、もう3ヶ月も4ヶ月もたってしまって今更どうにも保険が使えないんですね。社長と相談しまして、それならば、法律上は運転していた人に落ち度があるわけですから、私どもと修理費を折半ということで話し合いに伺いました」

う~ん?建設会社の人は警備会社に払わせるとは、私には言ってないわけです。だから最初警備会社から電話があったときは逆に私がびっくりしてしまったわけで、警備会社に払ってもらおうなんて思ってませんでした。建設会社の人が払うといったので、警察も呼ばなかったし、事故扱いの処理をしてないわけですよね。それでなんで私と折半なのでしょうか?私は金払えなんていってないし、どうしましょう?、って尋ねたら払うといったのは建設会社のほうですよねぇ。「うちはお金は払いません。どんな誘導であろうと運転者の全責任ですから」と言われてたらその場で110番通報して、事故処理してました。なにせ事故処理だけは場数踏んでますから(笑)
結局、私としては建設会社のBさんが払うといったのに、警備会社に丸投げしてしまったいきさつや、折半ということで話し合いの場を持ったことなど、こちらからBさんに伺いたいこともあったので、本日の結論はお断りしました。折半にするなら相手は私じゃなくて、事故処理をしないで軽く修理を約束したBさんだと・・。
ところがAさんはあわててしまって「建設会社に連絡するのは待ってほしい。休み明けにもう1度社長に報告して相談するので、それまで待ってほしい。電話がAmethystさんから入ったら、そのまますぐにこちらにかかってきて事情を聴かれることになるだろうから、待ってほしい。」
というので、今日の話し合いは結論を見ないまま終了しました。

Aさんと別れたあと、同席した隊長いわく「また建設会社にこの話が戻って、こんなことも片付けられないなら契約をやめようってことになると、あっちこっちの契約にも影響するし、例えば1現場に800万円くらい貰ってるとしたら、建設会社怒らせるよりも、丸ごと修理費を払ったほうが助かるんじゃないかな」だそうです。修理費ドアミラーだけですから。
「建設会社に確認するって別に、脅したわけじゃないんだけどなぁ・・・やっぱり払うっていったんだから、折半ならBさんから事情を聞きたいよね?」
「いやぁ、意図があって電話するって言われたほうがいいんだよ。Amethystみたいな天然ボケの突っ込みのほうがはるかに厄介だよなぁ。意図がないからさぁ」

え・・・そ、そう?
[PR]
by Amethyst630 | 2006-05-04 03:24 | つばらつばら(日記)