つばらつばら~心ゆくままに~ 

amethyst63.exblog.jp

つばらつばら(心ゆくままに、あれこれ)書いています

阪神淡路大震災から10年

その時朝の4時頃に寝た私は、9時過ぎに友人からの電話で起こされました。
「神戸が大変なことになってる!とりあえずテレビつけてみ!」
そこには横倒しになった高速道路が映し出されていました。あまりの出来事に遭遇すると人間は突拍子もないことを考えるようで、そのときの私の頭の中には「ゴジラが神戸に現れた」でした。どのチャンネルを回しても、高速道路の映像ばかりです。その傷跡は今回の津波と同じで、時間とともに深刻な被害状況がわかってきて、呆然としたことを覚えています。
幸い、地震も津波もまだ私には直接降りかかってきたことはありません。愛する人を突然失ってしまう悲しみにも出会っていません。けれど、多くの被災された人たちにとってこの10年は長くて短いものだったと思います。
「人間は他人が思うほど幸せではなく、自分が思うほど不幸でもない」辛いとき悲しいとき、私はこの言葉を自分に言い聞かせていました。「私にはわからないところで苦労してる人もいるだろうし、私より辛い人もたくさんいるからくじけないで行こう」今日という日は、立ち止まって振り返るのにいい日なのかもしれません。

ふと思った
[PR]
by Amethyst630 | 2005-01-17 17:34 | つばらつばら(日記)