つばらつばら~心ゆくままに~ 

amethyst63.exblog.jp

つばらつばら(心ゆくままに、あれこれ)書いています

車いすと歩行器

車いすは介護者が押して歩くタイプの介助用と、自分の力で(足漕ぎ走行など)操作する自走用があります。(電動は別として)一般的に施設などで使っているのは自走用です。姑も施設で練習をして、最近は足漕ぎの距離も伸びてきていました。
施設は広いのですが、実際の家庭では廊下から部屋に入るケースが多く

介助用車いす(全幅550mm 全長950mmくらいとした場合)
・廊下幅 780mm → 入口の幅 750mm以上
自走式車いす(全幅590~630mm。全長970~1,100mmくらいとした場合)
・廊下幅 780mm → 入口の幅 950mm以上
・廊下幅 800mm → 入口の幅 900mm以上

が、90度曲がるのに必要と考えられる数字だそうです。
うちの場合 廊下は800mm→入口の幅は740mm

介助者が少しずつ車いすの向きをずらせば何とかなりますが。。。

もう1つ。姑が練習していたのが歩行器。
ところが、1番高くて性能がいいと判断してレンタルしたデラックスタイプが
ドアの幅より大きくて・・・orz
コンパクトタイプと100mmも違うのにびっくり。失敗でした。
今回は新しい家に来て最初だったこともあり、
残念なことに姑の練習の成果がでて本人の意志で
自由に家の中を動き回ることはできませんでした。
申し訳なかったなぁと反省しています。
[PR]
by amethyst630 | 2010-10-20 23:03 | ケア